HOME コラム バッテリーが上がった状態で室内灯やヘッドライトがつく理由とは?

バッテリーが上がった状態で室内灯やヘッドライトがつく理由とは?

「ヘッドライトや室内灯はつくのに、エンジンがかからないのはなぜ?バッテリーは大丈夫?」
といった疑問はありませんか?

車からオーディオの音が聞こえたり、ライトがついたりすればバッテリーは大丈夫だと勘違いしてしまいますよね。

もしかしたらエンジンの故障かも……。などと疑ってしまいます。

バッテリーが上がればライトもオーディオも使えないと思われがちですが、実はバッテリーが上がっても室内灯やヘッドライトがつくのです。

今回はバッテリーが上がった状態でも室内灯やヘッドライトがつく理由について解説します。

合わせてバッテリーが上がる原因や対処法についてもご紹介するので、ぜひご一読くださいね。

 

バッテリーが上がった状態でも室内灯やヘッドライトがつく理由

一般的にバッテリーが上がれば、車の室内灯やヘッドライトといった電力を使う電装品は使えないと思われがちです。

でも実は、バッテリーが上がっても電装品は使えるのです。

エンジンが始動するとエンジンに搭載されているオルタネーター(発電機)が働きます。オルタネーターによって作られた電力の大部分は、エアコン・ライト・オーディオなどに使われてしまいます。いわば優先的に電装品への電力供給がなされているのです。

その理由は、車に搭載されているシステムコンピューターを動かさなくてはならないから。

ブレーキの制御やエンジン始動にもコンピューターは使われています。

たとえばエンジンをかける際、一昔前の車はキーをひねってかけていましたよね。でも今はスイッチを押すだけです。

コンピューターが制御するおかげで、高速道路を自動走行までしてくれます。

オルタネーターが発電した電力は、電装品へ優先的に流れ余りがバッテリーへと充電される仕組みです。

エンジン停止時にどのようなことが起こっているかというと、車の電装品に微弱の電力が常に供給され、バッテリーには充電されることなく自然放電がつづきます。

つまりバッテリーに蓄積されている電力がとても少ない状態でバッテリー上がりを起こしていますが、微弱な電力が残っていれば電装品には電力が供給されるため、ヘッドライトはつくのです。

バッテリーが上がったときの対処法

バッテリーが上がったときの対処法を確認しておきましょう。

  • 別な車から電力を分けてもらう(ジャンピングスタート)
  • カー用品店などで売っている充電器を使用する
  • ロードサービスを利用する
  • バッテリーを交換する

それぞれくわしく解説します。

別な車から電力を分けてもらう(ジャンピングスタート)

バッテリーが上がった車とは別の車から電力を分けてもらう方法です。一般的にはジャンピングスタートと呼ばれています。

ブースターケーブルをそれぞれのバッテリー端子につなぎ、バッテリーが上がっていない車からバッテリーが上がった車へ電力を分けます。

このとき注意したいのが以下のとおり。

  • 同じ電圧の車同士をつなぐ
  • プラスとマイナスを間違わない
  • つなぐ手順を守る

などです。

ただブースターケーブルをそもそも所持していない場合も多く、不慣れなことから不安になってしまうことも……。

慣れている人にお願いするのもひとつの方法です。

カー用品店などで売っている充電器を使用する

カー用品店に売っているコンパクトサイズの充電器。バッテリー上がりの応急処置としておすすめです。

取扱説明書に書かれているとおりに接続すれば、不慣れな場合でもエンジンをかけることは可能。気軽に使えるアイテムとして人気があります。

ひとつ車に積んでおくと安心でしょう。

ロードサービスを利用する

ブースターケーブルをもっていない人や充電器に不安がある方は、ロードサービスを利用しましょう。

自動車保険に付帯している場合も多いため、連絡してみるとよいかもしれません。

バッテリーを交換する

ジャンピングスタートや充電器などで応急処置をしたら、バッテリーは早めに交換するのをおすすめします。というのもバッテリーから電力が失われた状態から復活することは期待できないからです。

ジャンピングスタートはあくまでも応急処置

ジャンピングスタートはあくまでも応急処置です。その場しのぎでしかありません。とはいえバッテリーを自力で交換するのは慣れている人でも大変な作業。

少し間違えてしまったばかりに思わぬトラブルになってしまうこともあります。

カー用品店やガソリンスタンド、自動車整備工場やディーラーを利用しましょう。

ただ高額請求されたり待たされたりすることもあるため、あらかじめ問い合わせて確認するなど注意が必要です。

バッテリーが上がった!?原因は?

バッテリーが上がる主な原因は以下のとおりです。

  • あまり運転をしない
  • ライトや室内灯がつけっぱなし
  • 電装品が多い

それぞれ解説します。

あまり運転をしない

バッテリーは車が走ることにより充電されます。というのもエンジンに搭載されているオルタネーター(発電機)がエンジン始動により働き発電するからです。

蓄えられた電力は電装品から先に使われ、余った電力はバッテリーに充電される仕組み。

つまり車を走らせないとバッテリーは充電されないのです。

ライトや室内灯がつけっぱなし

エンジンを切る際に消し忘れてしまったヘッドライトや、半ドア状態で放置したため室内灯がついたままだとバッテリーが蓄えた電力をどんどん消費してしまいます。

停車していては充電されないため放電がつづき、バッテリーが上がってしまうのです。

とはいえ最近の車でしたらヘッドライトの消し忘れや半ドア状態になると、警告音が鳴る仕組みなため、以前のように気づかないことは少なくなりました。

電装品が多い

最近の車ですとUSBの端子が装備されていますよね。ナビはスマートフォンという方も多いのではないでしょうか。

USBで充電しながら使用できるため気軽に使えるところが人気です。

また音響にこだわりのある方は大きなスピーカーなど装備する場合もありますよね。

念のためドライブレコーダーをつけている車も多く見かけられます。

以上のような電装品は電力を多く消費します。上手に使わないとバッテリー上がりの原因になるため注意が必要です。

除雪機のバッテリーが上がった場合車とつないで大丈夫?

積雪量が多い地域かつ冬場限定で動かす除雪機。一年中動かすわけではないため、いざというとき「バッテリーが上がっている」状態に陥りがちです。

12Vや24Vと電圧が決まっているため、安易に車とつないではなりません。というのも思わぬ事故やトラブルになってしまうからです。

本格的な雪シーズン前に以下の点検を行っておくと安心です。

  • エンジンがかかるか
  • バッテリー液は十分か
  • 電圧は保たれているか

あらかじめ予備のバッテリーを準備しておきましょう。

バッテリーが上がったら素人判断せずプロへ:まとめ

エンジンはかからないけどヘッドライトや室内灯、オーディオが使える状態ならバッテリー上がりを疑ってください。

エンジンがかからず電装品も使えない状態は、本当にバッテリーが空の状態もしくはエンジンの不調、なんらかのトラブルが考えられるからです。

たとえばセルモーターの異常なども該当します。

ただどのような場合でも素人判断は禁物です。思わぬトラブルに発展してしまいかねません。

エンジンがかからず困ってしまった場合は迷わず弊社へご連絡ください。

車に限らずバイクやトラックなどのバッテリーも対応可能です。国産のみならず輸入車まで幅広く取り扱っております。

愛知県名古屋を拠点に365日24時間休まず対応。エリア内なら出張費は無料です。

バッテリー上がりでエンジンがかからないなどお困りの際は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

バッテリー上がり!お電話1本!スピード解決!

会員登録不要365日受付対応中
フリーダイヤル0120-947-675
05:59 現在 最短5分で到着
スーツを着た女性

バッテリー上がり!
お電話1本!スピード解決!

会員登録不要365日受付対応中
05:59 現在
最短5分で到着
スーツを着た女性