HOME コラム 突然のバッテリートラブルに備えて事前に対策グッズを用意しよう!防止グッズもご紹介!

突然のバッテリートラブルに備えて事前に対策グッズを用意しよう!防止グッズもご紹介!

バッテリー上がりに備えて事前にジャンプスターターといったグッズを用意しておくと予期せぬトラブルにも安心して対処することができます。

他にもバッテリーのマイナス端子の電源をオンオフ切り替えることができる「カットオフ」といったアクセサリー用品を利用することでバッテリー上がりを防止することができます。

今回は、バッテリー上がりに備える上で役立つ対策グッズについてご紹介していきたいと思います。

是非、バッテリー上がりに備えるときの参考にしていただければと思います。

バッテリー上がりに備える!おすすめ対策グッズ

車のバッテリーが上がってしまったときに使用するものといえば下記のものが挙げられるのではないでしょうか。

  • ブースターケーブル
  • ジャンプスターター

 

他にも、

  • ポータブル電源
  • 予備バッテリー
  • 電池

 

といったものもバッテリー上がりの際に使用することができます。

【関連記事】「バッテリー上がりを自分1人で直す方法|様々な充電グッズを装備して緊急時に備えよう!」

ここでは、特におすすめするジャンプスターターについてご紹介していきます。

一台あると便利なジャンプスターターとは?

ジャンプスターターとは、バッテリーが上がってしまった際に一時的にバッテリーに電力を充電させることができる車のアクセサリーの一つです。

ひと昔前は大型のものが主流となって販売されていたのですが、最近ではスマートフォンのモバイルバッテリーのように小型化され、持ち運びに便利なものが多く販売されています。

ジャンプスターターによっては、連続充電を行うことができたり、スマートフォンやタブレットなどの電子機器が充電できるようにUSB端子が差し込めるものもあります。

また、夜間作業が行えるようにLEDライトが点いているもの、防水機能があるものなど、大変便利なものが増えてきました。

このようにバッテリー上がりの際に使うだけでなく、普段の生活においてもジャンプスターターを利用することができるアクセサリー用品だといえます。

購入する際に費用がかかるものの、是非一台は持っておきたいものではないでしょうか。

 

ジャンプスターターの選び方や使い方についてはこちらの記事に詳しく書かれていますので、是非参考にしていただければと思います。

【関連記事】「バッテリー上がりに使うジャンプスターターとは?使い方や3つのおすすめ充電器をご紹介!」

バッテリー上がりを予防できる対策グッズ

(画像引用:Amazon「[EMY] D端子 バッテリー カット ターミナル スイッチ カットオフ 切る バッテリー上がり防止に)

先に解説したジャンプスターターをバッテリーに繋いで定期的に充電することでバッテリー上がりを予防することもできます。

他にも「カットオフスイッチ」を利用することでバッテリー上がりを予防することができます。

カットオフスイッチとは?

カットオフスイッチとは、バッテリーのマイナス端子に取り付ける車のアクセサリー用品です。

車のバッテリーは電池と同じくプラス端子とマイナス端子をつなげることで電気が流れて車の電気系統が動くような仕組みとなっています。

常時バッテリーのプラス端子とマイナス端子が繋がっているとバッテリー内部の電気が使われている状態になるので、車が動いていなくてもどんどん電気が消耗していきます。

バッテリーが上がるのは、バッテリー内部にある電気が少なくなることで車が動かせなくなる状態なため、バッテリー内部にある電気をなるべく消耗させないようにしなければいけません。

そこで、利用するのが「カットオフスイッチ」です。

カットオフスイッチは、マイナス端子に取り付けることでバッテリーへと流れる電気を遮断することができるグッズです。

取り付ける手間がかかりますが、一度取り付けてしまえばバルブを回すだけで流れるバッテリーのオン・オフを切り替えることができます。

バッテリーを長持ちさせる上でも、是非おすすめのグッズだといえます。

バッテリー上がり対策グッズ以外にもできる予防策

バッテリー上がりに使える対策グッズがどうしても揃えられないときは、下記のような方法を行えばバッテリー上がりを予防することができます。

  • ライトやエアコンを停車中に使いすぎない
  • アクセサリーモードを多用しない
  • 車を頻繁に走らせる
  • バッテリーの点検を定期的に行う
  • バッテリーを交換する

 

車は、走行することでオルタネーターが発電し、発電された電気がバッテリーへと溜まっていきます。

車のバッテリー上がりを防止するにはとにかく定期的に走らせることが必要なのですが、どうしても生活状況によって車を頻繁に走らせることが困難な方も多いのではないかと思います。

バッテリーに十分な電力をためることが難しい方は、バッテリー内部の電力をなるべく節約するとバッテリー上がりを起こしにくくなります。

長期に車を動かさない方は、思い切ってバッテリーを外してしまうことも対策の一つです。

先に紹介したグッズを活用しつつ、難しそうであればバッテリーの電力を節約したり、少しでも車を走らせるようにしてみましょう。

【関連記事】「バッテリー上がりを防ぐには事前に予防対策を行おう!防止方法についてプロが分かりやすく解説」

【関連記事】「バッテリー上がり後は交換すべき?メリットやデメリット・料金相場などについて解説!」

バッテリー上がり時に使う対策グッズでも解決しないときは?

ジャンプスターターやカットオフスイッチを活用してもバッテリー上がりを起こしてしまう場合は、バッテリーそのものの寿命がきている、もしくはバッテリー以外のところでトラブルを起こしている可能性があります。

対策グッズを使っても解決できないようであれば、ロードサービスといった車のトラブルを解決してくれる専門業者に依頼するようにしましょう。

専門業者に依頼することで、車のトラブルを適切に対処してもらえるので是非困ったときに利用してみることをおすすめします。

また、ロードサービスや出張業者でもこうしたバッテリー上がりや車のトラブルを解決してもらえるので、緊急時どうしても車を動かさなければならないときに利用してみましょう。

【関連記事】「バッテリー上がりの業者はどれを選ぶべき?目的別に合わせて分かりやすく解説!」

まとめ

今回は、バッテリー上がり時に使える対策グッズ「ジャンプスターター」と、事前にバッテリー上がりを予防することができる「カットオフスイッチ」についてご紹介していきました。

ジャンプスターターは、一台持っておくと車だけでなく、スマートフォンやタブレットといった機器も充電することができるので普段の生活でも活用することができます。

カットオフスイッチに関しても、一度取り付けてしまえば、バルブを回すだけでバッテリーの電力を節約することができるアクセサリー用品なので、バッテリー上がりを事前に予防することができます。

どちらも導入コストがかかるものの、一度購入してしまえばバッテリー上がりを解決するときにかかる費用よりもコストを抑えられるので是非一台は持っておきたいものだといえます。

お財布と相談しながら、是非こうした対策グッズを利用してみてはいかがでしょうか。

但し、こうしたバッテリーが上がった際に使う対策グッズを利用しても車のトラブルが解決しないときは、ロードサービスや専門業者に依頼するようにしましょう。

【バッテリーサービスセンター】でも、こうしたバッテリー上がりや車のトラブルに関して承っております。

是非、お困りの際はお気軽にご相談ください。

バッテリー上がり!お電話1本!スピード解決!

会員登録不要365日受付対応中
フリーダイヤル0120-947-675
09:18 現在 最短5分で到着
スーツを着た女性

バッテリー上がり!
お電話1本!スピード解決!

会員登録不要365日受付対応中
09:18 現在
最短5分で到着
スーツを着た女性