HOME コラム バッテリー上がりのその後はどうすればいい?対処方法や車を走行させるコツについて解説!

バッテリー上がりのその後はどうすればいい?対処方法や車を走行させるコツについて解説!

battery-dead-after-that-top

バッテリーが上がってしまったら、車のバッテリーを充電しなければ車を走行させることはできません。

ただバッテリーに充電させればいいのではなく、バッテリーに充電した後の対処方法も車を再び走行させる上で非常に重要な点となっていきます。

ここでは、バッテリーが上がってしまったその後の方法やバッテリー上がりを解決した後、車をどうするべきかなどについてご紹介していきます。

バッテリーが上がってしまった後の対処方法について知りたい方は、是非参考にしていただければと思います。

バッテリーが上がったらその後はどうするべき?対処方法をご紹介

お出かけ先でバッテリーが上がってしまったとしても、車のバッテリー自体を充電するようにすれば車を動かすことができます。

様々な方法がありますが、ここでは代表的な対処方法をご紹介していきます。

お出かけ先でバッテリーが上がってしまったときに備えて、是非参考にしていただければと思います。

救援車を使ってジャンプスタートを行う

バッテリー上がりといえば、「ジャンプスタート」を行う方法です。

「ジャンプスタート」とは、バッテリーが上がってしまった車に他の車から電気を分けてもらう方法です。

救援車となる車と「ブースターケーブル」と呼ばれる、救援車とバッテリーが上がった車をつなげるケーブルがあればロードサービスに頼らなくても解決することができます。

但し、ジャンプスタートをするには下記の条件を満たす必要があります。

  • 救援車とバッテリーが上がった車の電流を適切に流せるブースターケーブルか(電流量が大きいのはNG)
  • 救援車とバッテリーが上がった車の電圧が同じか
  • 救援車がガソリン車か(ハイブリット車ではできない)

 

これらの条件を満たしていないと、バッテリーに上手く充電されなかったり、大きな電気が流れて車の電気系統が故障したり、火災の原因となる恐れがあります。

次に、ジャンプスタートの手順です。

  1. 救援車とバッテリーが上がった車をブースターケーブルが繋げられるよう近づける
  2. 救援車とバッテリーが上がった車のボンネットを開ける
  3. 救援車のエンジンを切る
  4. ブースターケーブルの赤い端子(+端子)をバッテリーが上がった車のバッテリーの+端子につなげる
  5. ブースターケーブルの赤い端子を救援車のバッテリーの+端子につなげる
  6. ブースターケーブルの黒い端子(-端子)とバッテリーが上がった車のバッテリーの-端子につなげる
  7. ブースターケーブルの黒い端子を救援車のバッテリーの-端子につなげる
  8. 救援車のエンジンをかける(2,000~3,000回転数くらいを5分から10分ほど維持する)
  9. バッテリーが上がった車のエンジンをかける
  10. エンジンがかかったらブースターケーブルの黒い端子を救援車のバッテリーから外す
  11. ブースターケーブルの黒い端子をバッテリーが上がった車から外す
  12. ブースターケーブルの赤い端子を救援車のバッテリーから外す
  13. ブースターケーブルの赤い端子をバッテリーが上がった車から外す
  14. 救援車とバッテリーが上がった車のボンネットを閉じる

 

これらの手順を間違えなければ、自分たちでもバッテリー上がりを解決することができます。

但し、手順を間違えてしまうと、車の電気系統がショートしてしまったり、つないだとしても車が動かないことがあります。

手順さえ間違えなければ、自分たちでも簡単に行うことができますので、もしバッテリー上がりのトラブルに見舞われたら是非試してみてください。

【関連記事】「ハイブリッド車のバッテリー上がり対処法」

ジャンプスターターを使う

先に解説した「ジャンプスタート」は、救援車がハイブリット車でないこと、救援車をすぐに呼ぶことができる状況でなければ行うことができない方法です。

一人でバッテリー上がりを解決しなければならないときは、車用バッテリー充電器「ジャンプスターター」を使用して解決することができます。

ジャンプスターターとは、いわば車専用の充電器です。

そもそも「バッテリー上がり」とは、車のバッテリーの許容量を超えて電力を消費してしまったことで、車を動かすほどの電力が残っておらず、車が動かない状態を指します。

スマートフォンの充電が0%になると使えなくなるのと同様に、車も充電がなければ利用することができません。

こうした状況を打破する際に利用するのが、車のバッテリーを自分で簡単に充電することができる「ジャンプスターター」です。

ジャンプスターターの使い方は下記の手順になります。

  1. 車のボンネットを開ける
  2. ボンネットにあるバッテリーの+端子にジャンプスターターについている赤い端子をつなげる
  3. バッテリーの-端子にジャンプスターターの黒い端子をつなげる
  4. 繋げたまま5分~10分ほど放置
  5. エンジンをかける
  6. エンジンがかかったらバッテリーの-端子につなげているジャンプスターターの黒い端子を外す
  7. バッテリーの+端子につ投げているジャンプスターターの赤い端子を外す

 

ジャンプスタートに比べて手順が少ないので、より簡単にバッテリー上がりを解決することができますが、手順や繋げ方を間違えてしまうと、ジャンプスターターでも車の電気系統をショートさせてしまったり、車が動かないままになってしまうことがあります。

最近のジャンプスターターは、スマートフォンの充電と併用できるものもあったり、作業用のライトがついているものもあるので一台所持しておくととても便利です。

注意点ですが、ジャンプスターターを利用する前にジャンプスターター自体の充電が満タンになっているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

【関連記事】「バッテリー上がりに使うジャンプスターターとは?使い方や3つのおすすめ充電器をご紹介!」

【関連記事】「バッテリー上がりを自分1人で直す方法|様々な充電グッズを装備して緊急時に備えよう!」

ロードサービスを利用する

救援車も呼べない、ジャンプスターターもない、ブースターケーブルもない…。

バッテリー上がり対策のものを持っておらず、自分でバッテリー上がりを解決することが難しいときはロードサービスを利用するようにしましょう。

ロードサービスは、事故や故障時に利用するものと思いがちですが、多くのロードサービスではバッテリーが上がってしまったときの応急処置も行ってもらうことができます。

また、車が動かなくなってしまった原因なども教えてもらうことができます。

JAFのように会費を支払うことで何度も利用できるものもあれば、自動車保険のオプションで利用することができるものもあります。

こうしたサービスに加入していなくとも、出張してバッテリー上がりを解決してくれる出張修理業者もあります。

自分でなかなかバッテリー上がりを解決することが難しい場合は、是非利用してみてください。

【関連記事】「バッテリー上がりの業者はどれを選ぶべき?目的別に合わせて分かりやすく解説!」

バッテリー上がりを解決した後は車を走らせてもいい?

バッテリーに電気が充電され、車が動くようになったら車を走行させるようにしましょう。

車には、走行することで発電する装置「オルタネーター」と呼ばれるものが搭載されています。

このオルタネーターが起動して発電し、バッテリーへと電気が充電されることで車は動くことができます。

そのため、バッテリー上がりを解決した後は、車を30分ほど走行させるようにすると十分な電力をためることができるので、バッテリー上がりの後は車を走らせるようにしましょう。

バッテリー上がりの後は車を放置した方が電気がたまりやすい?

「バッテリーが上がっても車を放置しておけば充電される」と思っている方もいるかもしれませんが、車は放置しても充電されることはありません。

バッテリー上がり後に、ライトがほんのわずか点いたりすることがありますが、これは電気がたまっているのではなく、車に残っている電気に反応してライトがつく現象です。

車を放置していたことで電気がたまってライトが点いたわけではないことを知っておくようにしましょう。

先に解説したようにバッテリーが上がってしまったら、バッテリーを充電し、車を走行させて電力をためる必要があります。

バッテリーが上がった車を放置することは、最悪の場合車が動かなくなってしまう可能性があります。

【関連記事】バッテリー上がりは放置で自然回復して直るのか?|そのリスクや対処方法について解説

バッテリー上がり後は、必ずジャンプスタートやジャンピングスターターなどを使って、車のバッテリーを充電するようにしましょう。

バッテリー上がりの後はバッテリーを交換するべき?

バッテリーが上がってしまうと、「もうそろそろ交換した方がいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、バッテリーが一度上がったからといってすぐに交換する必要はありません。

下記のサインが現れたら、バッテリーを交換すると良いでしょう。

  • ライトや電気系統が弱くなった(点きが悪くなった)
  • エンジンのかかりが弱くなった
  • クラクションの音が小さい
  • バッテリーが液だれを起こしている
  • バッテリー内部の液が少ない
  • バッテリーを交換して2年~3年以上経っている

 

但し、自分でバッテリーの状態を判断するのが難しい方は、車の点検業者や車を購入したディーラーなどで定期的に見てもらうとバッテリーを交換する時期を知ることができます。

上記のサインからバッテリーを交換する時期を判断することが難しいようであれば、車の詳しい専門業者に見てもらうことをおすすめします。

【関連記事】「バッテリー上がり後は交換すべき?メリットやデメリット・料金相場などについて解説!」

バッテリー上がりを解決した後も車が走らないとき

「バッテリーに電力を供給したのに走らない・・・」

バッテリー上がりを解決した後も車が動かないときは、下記の原因が考えられます。

  • ジャンプスタートなどで十分に車に電力が供給されていない
  • バッテリー自体が劣化していて供給しても充電されない
  • バッテリー以外で故障している箇所がある

 

バッテリー以外の箇所が故障していたり、バッテリー自体に不具合が生じている場合は、バッテリーをいくら充電しても車を動かすことができません。

このような場合は、修理業者に車を見てもらうか、ロードサービスを利用して修理をお願いする必要があります。

【関連記事】「突然、車のバッテリー上がりに!原因不明でも適切に対処する方法」

バッテリーが上がった後、再度バッテリー上がりを起こさないようにするには?

バッテリーが上がった後、またバッテリー上がりを引き起こさないようにするには、下記のことに注意するようにすると良いでしょう。

  • 車の電気系統を使いすぎないようにすること
  • バッテリーや車の定期点検を行うこと

バッテリーは、「え、こんな使い方で上がってしまうの?」と疑問に思うほど、予想外の車の使い方で上がってしまうことがほとんどです。

【関連記事】「車のバッテリー上がりの原因と症状を確認して適切に対処する方法!予防法も合わせて解説!」

バッテリーがどうして上がってしまったのか、原因を知ることができれば事前にバッテリー上がりを未然に防ぐことができるので、是非こちらの記事を参考にしていただければと思います。

【関連記事】「バッテリー上がりを防ぐには事前に予防対策を行おう!防止方法についてプロが分かりやすく解説」

まとめ

今回は、バッテリーが上がってしまった後の対処方法について解説していきました。

バッテリー上がりは、自分でも解決できることがほとんどですが、バッテリー上がりに使うカー用品を持っていなければ使うことができません。

但し、バッテリー上がり対策のカー用品を持っていなくとも、ロードサービスに加入していたり、利用することができる業者を知っておくと、いざという時に安心して利用することができます。

「バッテリーサービスセンター」でも、バッテリー上がりや車のトラブルに関して承っております。

是非、車のトラブルに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

バッテリー上がり!お電話1本!スピード解決!

会員登録不要365日受付対応中
フリーダイヤル0120-947-675
23:33 現在 最短5分で到着
スーツを着た女性

バッテリー上がり!
お電話1本!スピード解決!

会員登録不要365日受付対応中
23:33 現在
最短5分で到着
スーツを着た女性